大金を貸してくれた私の大切なともだち

夫婦関係、子育て解決のヒント > 暮らし > 大金を貸してくれた私の大切なともだち

大金を貸してくれた私の大切なともだち

実は私、ともだちからお金を借りたことがあるんです。

ジュース代を借りたー、とかお昼をおごってもらったー、とかそんな軽い話じゃあなくって、本当に大金でした。

30万円です。人によってお金の大きさって違うと思いますけど、私は大金だと思いましたし今でも大金だと思ってます。

どうしてもやむにやまれぬ事情があって、でも親に相談したら家に呼び戻されそうで、結局ともだちに相談するしかなかったんです。

でも30万円も借りる気はありませんでした。事情をともだちに話して、10万円どうにか借りられないかって頼んだんです。

そうしたらともだちが、「貸してもいいけど10万円じゃあきっと足りないんでしょ、もう少し持っていきなよ」って渡してくれたのが30万円でした。

私は本当にいいの、って何度も確認したんだけどともだちは「私はしばらく使う予定ないから大丈夫、その代わり返すときはお礼くらいしてよ」って笑って貸してくれたんです。

本当に個人的な事情でともだちには申し訳なかったんですけど、この時は本当に彼女が女神様みたいに見えました。

しばらくしてどうにか私もお金に余裕が持てるようになって、何回かに分けてともだちに30万円を全額返還しました。もちろんそれとは別に、お礼もつけて。

本当に彼女には感謝しても感謝しきれないし、彼女のおかげで今の私がいるって言ってもいいくらいです。

ともだちのために大金を惜しげもなく使えるような大人に私もならなくちゃいけないんだ、って今では思ってます。

 



関連記事

  1. 大金を貸してくれた私の大切なともだち
  2. テスト